Illuminating Your Intellectual Path

Empowering Excellence with MS365 and Copilot

プロンプト・エンジニアリング

人(指示をした人)の意図を正しくAIに伝え、適切なアウトプットを得るためにプロンプトエンジニアリングは欠かせない存在となっています。

ナレッジ・シェアリング

部門間でナレッジの共有や連携ができないと思うような成果をあげることはできません。そのために、「ナレッジマネジメント」を確立する仕組みが不可欠になっています。

フィールド・サービス

企業や組織が提供する現場でのサービス業務を指します。主に、製造現場、保守点検、修理、設置、配送、インストールなどの作業を対象としています。

Download free bootstrap 4 landing page, free boootstrap 4 templates, Download free bootstrap 4.1 landing page, free boootstrap 4.1.1 templates, Creative studio Landing page
コパイロットの導入は
企業にとって大きな転換点となります。

環境の変化に伴い、MS365やコパイロットの導入に役たつコンサルティング、及び、実装などを支援するサービスを提供します。

その導入には、データセキュリティの懸念、初期投資の正当化、そして従業員の新しいツールへの適応といった課題が伴います。

企業はこれらの課題に慎重に対処し、内部トライアルを通じて実用例を特定し、リスクを軽減することが重要です。投資の正当化には、生産性の向上という間接的な利益の実現が鍵となります。

アプローチ
The Approach
課題発見
仮説検証
展開方針策定
定着化
MS365
SPO プロダクト・サービス

Help Desk

SPOでヘルプデスクのサービスを提供します。

Ticket System

SPOでチケット・システムのサービスを提供します。

Document Folder Finder

SPOでドキュメント・フォルダーを効果的に検索できるサービスを提供します。

Scheduler

SPOで予定を管理、使用できるサービスを提供します。

News Finder

SPOでニュースを検索できるサービスを提供します。

経費精算

SPOで経費精算の依頼や承認できるサービスを提供します。

旅費精算

SPOで旅費精算の依頼や承認できるサービスを提供します。

Field Service

SPOでフィールド・サービスを利用できます。

タイムシート

SPOでタイムシートの報告をする機能を提供します。

コックピット

売上や利益の情報をタイムリーに把握できるサービスを提供します。

Knowledge Share

SPOで情報共有できるサービスを提供します。

GPT

生成AIの機能を提供します。

インテリジェント日報

音声で日報を作成できます。

教育

オンラインで社員教育を実施できます。

To Do

To Doタスクを管理できます。

パッケージ・デプロイ
Package Deployment

デプロイ・パッケージをダウンロードしてSPOのアプリ・カタログにアップロードしてアプリを有効化して下さい。
MS365導入コンサルティング
MS365
MS365を組織内で効果的に導入するための戦略的アドバイスと計画を提供します。 ユーザーのニーズに合わせて、適切なMS365プランやアプリケーションを選定します。 アプリケーションのカスタマイズと最適化: MS365アプリケーションの設定とカスタマイズを行い、組織のワークフローに適した形にします。 ユーザーのトレーニングとサポートを提供し、効率的な利用方法を伝えます。 セキュリティとコンプライアンス: MS365のセキュリティ機能を最大限に活用し、データの保護とセキュリティリスクの軽減を支援します。 コンプライアンス要件を満たすためのガイダンスを提供します。 コラボレーションとコミュニケーション: MS365のチームコラボレーションツール(Teams、SharePoint、OneDriveなど)を活用して、チームワークとコミュニケーションを強化します。 クラウド移行と運用サポート: オンプレミスからクラウドへの移行をサポートします。 MS365の運用管理とトラブルシューティングを行い、円滑な運用を実現します。
MS365導入プロジェクト
ポイント
ニーズの明確化
お客様のニーズを詳細にヒアリングします。現状の課題や目標を把握し、MS365の導入がどのようにビジネスに貢献できるかを理解します。
プランの選定
お客様のニーズに合わせて、適切なプランを選定します。
導入支援および運用定着コンサルティング
1. 知る: 主要機能についての基本的なレクチャーを行います。 2. 練る: 整備・調整した方が良い内容を検討します。 3. 使う: Microsoft 365の世界を体感し、実際に利用してみます。 4. 磨く: 使ってみて出てきた課題や成功事例を共有し、改善活動を行います。
管理者/ユーザー向けトレーニング
導入後のスムーズな運用をサポートするために、管理者向けトレーニングやユーザー向け勉強会を提供します。
継続的な改善
運用後も定期的なミーティングを通じて課題解決や応用編の機能紹介を行い、Microsoft 365の効果的な活用を支援します。
Copilot導入時の注意点
Check Points
企業がCopilot導入に踏み切る大きな理由 MS365 Copilotの導入には、従業員の時間節約や生産性向上の潜在能力があり、特にAIが自動化できる繰り返し作業や情報検索などで顕著。Copilotは従業員の戦略的業務に集中できるよう支援し、リスクも存在するが、多くの企業にとって提供される利益はそれを上回る可能性がある。 データセキュリティへの懸念:利便性と安全性のバランス 企業がM365 Copilotを導入する際、最大の課題の一つはデータセキュリティである。Copilotは企業のデータにアクセスし、従業員の情報を提供するが、それによりセキュリティリスクが高まる可能性がある。MicrosoftはAzure Cloudの一部としてセキュリティコントロールを提供しているが、大規模言語モデルを企業システムに接続することのリスクは依然として存在する。 企業がCopilotを安全に展開するためには、適切なデータ管理戦略が欠かせない。この戦略には、データの分類、アクセス権の管理、従業員の教育が含まれており、データが適切に管理され、保護されないとCopilotが機密情報を露出する可能性がある。したがって、企業はCopilotの利便性とデータセキュリティのバランスを重視する必要がある。 内部トライアルの重要性:実用例の特定とリスク軽減 MS365Copilotを導入する企業にとって、内部トライアルは導入プロセスの重要なステップである。  内部トライアルを通じて、企業はCopilotの機能を評価し、特定の業務プロセスにおける実用例を特定することができる。  これにより、導入時のリスクを軽減し、従業員が新しいツールを効果的に利用できるようにするための準備が整う。 内部トライアルでは、異なる部門や職種の従業員を対象に、Copilotの使用を試みることが推奨される。  これにより、企業はCopilotが提供する価値と、特定の業務プロセスにおける効果を広範囲にわたって評価することができる。  また、データセキュリティの観点からも、内部トライアルは重要であり、実際の運用環境におけるセキュリティ対策の有効性をテストする機会を提供する。 Copilot導入のコストとROI:投資の正当化 MS365Copilotの導入は、企業にとって顕著な初期投資を要求する。特に、Copilotを利用するためには、最低300のライセンス購入が必要であり、これは多くの企業にとって高いハードルとなる可能性がある。  しかし、この投資は従業員の生産性向上、業務プロセスの効率化、そして最終的には企業の競争力強化に寄与することから、正当化されることも多い。   投資の回収には、生産性の向上を通じた間接的な利益の実現が鍵となる。  Copilotを使用することで、従業員は日常的なタスクの自動化や情報検索の迅速化を実現し、より価値の高い業務に集中できるようになる。  このような生産性の向上は、長期的に見れば、Copilotの導入コストを上回るROIをもたらす可能性がある。  企業は、この新しいツールを導入することで得られる利益を慎重に評価し、投資の正当化を図る必要がある。 未来への展望:Copilotが変えるビジネスのあり方 M365 Copilotの導入は、ビジネスのあり方に革命をもたらす可能性を秘めている。  このAIアシスタントは、従業員が情報にアクセスし、コミュニケーションを取り、文書を作成する方法を根本的に変えることができる。  特に、繰り返し行われるタスクの自動化や、複雑なデータ分析の簡素化により、従業員はより創造的な業務に時間を割くことができるようになる。   さらに、Copilotの導入は、企業がデータを管理し、活用する方法にも影響を与える。  大量のデータから有益な情報を迅速に抽出し、意思決定を支援することで、ビジネスの敏捷性と効率性が向上する。  このように、M365 Copilotは、企業が直面する多くの課題を解決し、新たなビジネス機会を創出するための強力なツールとなり得る。  未来において、Copilotを活用する企業は、競争優位性を確立し、変化する市場環境に柔軟に対応できるようになる。
コパイロットでできる事
COPILOT
テキスト生成

詩、物語、コード、エッセイ、歌、有名人のパロディなど、さまざまなテキストを生成できます。

情報提供

一般的な知識、歴史、科学、技術、文化、言語、地理などについて質問に答えます。

ウェブ検索

さまざまなトピックについて情報を提供します。

言語翻訳や数学的な計算

日本語を含むさまざまな言語でコミュニケーションや数式や数値の計算を行います。

Copilotは、Microsoft 365のアプリケーション(Outlook、Word、Excel、PowerPoint、Microsoft Teamsなど)を最適に活用するためのパーソナルアシスタントです。
マイクロソフトが行った調査によると、Copilotユーザーの70%は生産性が向上し、68%は仕事の質が改善したと回答しています。

コンサルティングサービスの提供内容:
個人業務の最適化: 従業員の作業内容や目的に応じて、初稿の作成、長文の要約、データの分析、欠席した会議のキャッチアップなど、従業員個人の業務効率の向上に寄与します。
従業員の作業時間やパフォーマンスを分析し、改善のためのフィードバックやヒントも提供します。
導入効果最大化のアプローチ: 各企業の現状やニーズに応じて、Copilotの導入効果を最大化するための戦略を立てます。

CopilotのPoC(Proof of Concept)を実施し、導入効果を測定し、費用対効果を算出します。
利用の定着化では、成功事例の横展開を図り、企業ごとに導入すべき部門と業務を評価します。
生成AIの民主化と従業員個人へのフォーカス: 生成AIの民主化が進む中、Copilotの導入効果を最大化するためには、従業員個人にフォーカスした働き方のTo-Be像を描き、業務プロセス改善やセキュリティ整備、利用ルール策定を検討することが求められます。


GPT Meta